デュークミヤモトの日記

所有する機材や撮影した写真などについて

EF24-70mm F2.8L USM購入

沼の住人にしてはずいぶん時間がかかったといいますか、やはりたどり着いたかといいますか、ついに手元にこいつが存在しています。

6O2A7953

EF24-70mm F2.8L USM・・・

2.8通し・・・

旧型タイプ・・・

 

疑問は尽きないと思いますが、まず私が購入したのはⅠ型であってⅡ型ではありません。Ⅰ型のメーカー修理期間は19年までなのにどうして・・・ポートレート専門というわけでもないのに・・・とこいつを実践投入するまで私自身も内心そう考えるときがございました。しかし、Ⅱ型の何が嫌かというとあの貧弱なフードです。Nikonの24-70などナナニッパと同じように伸びないタイプかつ深型フードではありませんか!!!。別に友人がNikonユーザーだからと言って張り合っているわけではありませんが、何となく浅型のは好きになれなかったのでⅠ型を選択しました。カメラのキタムラで中古でAと出ていれば十分でしょうから。ピントのずれなどもありませんでした。外観の多少の擦り傷などどうせ使い倒すつもりでいる私にとってはどうでもいいことであります。

6O2A7955

もう一度言います!私は深型フードが好きでⅠ型を選んだのだ!!!

と、半分冗談はさておき、レビューに入ります。

6O2A7950

ニッパチ通しのレンズに手振れ補正機能などついておりません。私もこの焦点域ではあえて必要ないと感じました。キヤノンの公式ページではレンズ本体の重量は950グラム。私の7D Mark Ⅱも950グラム、とてもバランスがよく、重さを感じないレンズだと思いました。それに堂々としたレンズで非常にカッコいいとも思います。フルサイズに近い大きさの7Dシリーズを購入した人間はおそらく・・・のめり込むタイプだと思いますのでどうしてもAPSC用の小さなレンズでは満足できなくなると思うのですよね・・・。宿命だと思います(笑)。旅行者でも何人か24-70を付けている方を見たことがあります。APSCなのに24mm始まりで云々といっても実際に使ってみたら大して気にならないかなと感じました。むしろごつい機材を使っているという得も言われぬ会館というか、優越感というか、どうにも大柄なボディの7Dに見合うレンズをようやく手に入れたなとの満足感が優先しているのかもしれません。

6O2A7963

6O2A7962

フードを外して実際にレンズが伸びチジミするとこうなります。フードは伸びる前玉ではなくレンズの外側のふちについているので横から見れば伸びないレンズの様に見えてカッコいいです。

20171117_123909

レンズを我が愛機である7D Mark 2に装着した姿です。堂々とした立ち居振る舞いになりました。やはり大型機はこうでなくては!!最近思うのですが一眼レフってボディが主役というよりレンズが主役なんじゃないかってことです。もちろんボディあってのカメラなんですがどうもつけるレンズによって印象ががらりと変わって見えます。今回の様に大柄なボディに大柄なレンズを付けると遠目ではAPSC感皆無。内心ニマニマ、フヘへへな状態になりますね(笑)。APSCであることに不満は全くないのですが。見た目に結構拘ります。

 

ちなみに・・・・・・

20171116_222810

赤ハチマキが二本に・・・・

大三元のうち二本がそろっちゃってますよこれは・・・

どうするんでしょうか・・・

 

以上です。

キヤノン プロストラップ(二本目)

キヤノン PROFESSIONAL VERSION ストラップを入手したので記事にします。

6O2A6873

USEDではありますが個人的にこの使い古されている感が結構好みだったりします。

6O2A6877 革で作られた接合部分も味気があって大変GOOD!!結構昔のタイプなので文字は刺繍ではなく圧着タイプのようです。同時に刺繍タイプも入手済みですがまだ手元にはありません。なのでとりあえず手元にあるタイプから。

6O2A6881

一本目の市販されているタイプと最も違うのは 金色のPROFESSIONAL VERSION の文字そのものでしょうがもう一点重要な部分がこの肩に直接あたる裏の部分です。市販されているタイプは思いっきりナイロン感が出ていますが、こちらは肌触りもよく布っぽさがありましてナイロンオンリーとは違う感触でした。

6O2A6850

今回入手したタイプは古さも相まって数十万単位の機材を預けるのには少々不安もあったのでバードウォッチング用の双眼鏡に付けることにしました。後日別記事でレビューしますが私が購入したのはビクセンの双眼鏡です。最後までNikonビクセンかで迷っていましたが双眼鏡といえばやっぱりビクセンだよなぁということでビクセン10×50を選択。もしNikonを買っていたらストラップのキヤノンと食い違うところで流用はちょっと微妙だったかもしれませんね。後付けになりますがやはりビクセンを選んでよかった多と思います。

さて、なぜ二本目を購入したかというとやはりプロストというからにはこっちのタイプがほしかったからです。市販のものでは何となくチープな感じがして満足できず、悶々としていましたが、このデカデカトした PROFESSIONAL VERSION の文字に大変満足することとなりました。別に私はキヤノンから認められたプロではないので本来このストラップを入手する権利はないのですがそこは趣味としてry・・・

久しぶりの撮り鉄

名古屋から東京に越してきてから様々な写真を撮ってきました。民間機に軍用機、水族館のショー、東京近郊の景色。実は元々私の撮影スタイルは風景専門でした。それが7D mark 2を購入してから動体撮影も獲物になりました。さらに東京へ越してきてキヤノン大三元レンズであるEF70-200mm F2.8L IS II USMを購入して以降、動体特化のための機材がそろった状態になりました。とは言え撮影スタイルは変わらずナナニッパが好きすぎて私の中での標準レンズがシグマ17-50 2.8からナナニッパになってしまったということ以外は今まで通りです。風景撮影は遠景に、近距離では花撮影、レビューする機材の物撮り、新しく民間機から軍用機に手を出しさらには水族館でイルカを追いかけたりもしてました。(年パスまで購入)。そして最近ご無沙汰多していた新幹線撮影に行ってきました。6O2A6468 場所は近所も近所、多摩川沿いの東急多摩川線沼部駅付近といえばピンと来る人も多いはず。私が現地に到着したのはお昼の三時半頃でした。私の中では昼間の明るい時間帯に写真を撮って、沈む夕日に照らされた表情のも撮ってやるとういうのが流れでした。最初の三十分は練習がてら何枚か撮影。御覧の通り架線が多いので少しでもずれれば・・・6O2A6682 獲物は変わりますが御覧の有様です。ちなみにこの日は東海道新幹線が本命だったため横で何本か走る成田エクスプレスはおまけ程度でした。が!普段あまり目にすることがないのも事実なので珍しいことは珍しいです。思わずシャッターを切りまくっていましたが架線をうまく抜けることかなわずで・・・また後日チャレンジしてみようと思います。ちなみに一応flickrにはあげているので写真だけ掲載しておこうと思います。6O2A6561

6O2A6549

6O2A6415

6O2A6414 ほんとに、次回からはもう少し立ち位置を考えなばなりません。6O2A6692個人的にN700よりもN700Aの方が形が好みです。こちらの方が何となく近未来的でかっこいい!といつも感じます。この流線型の形が好きなんです。6O2A6621やはり東海道新幹線のホワイトボディということでホワイトバランスを寒色系にしてみました。しかし・・・駅撮りではいいかもしれませんが日の光の下では私はホワイトバランスはオートか太陽光が好みのようです。何となく冷たすぎるような・・・色温度でいじって適度な寒色系にすればいいかもしれませんね。

6O2A6839

 最後に今回の撮り鉄でのベストショットを乗せておきます。RAW現像時にトーンカーブを少しいじっていますがそれとは別にこのうねりが今回この場所に撮りに行った一番の目的です。なので結果的に大満足!!夕日に照らされて輝くギラリが最高です!!

 

以上です。

マンフロットの三脚 MT055CXPRO3購入

レンズに合わせて三脚を新調 MT055CXPRO3 購入

 先日キヤノン大三元の一角を誇る望遠レンズ、EF70-200mm f2.8l is ii usmを購入しましたが、それに耐えうる三脚を持っていなかったためこの際購入しました。

6O2A5738

www.manfrotto.jp

公式サイトを乗せといて私のレビューがいるかどうかわからなくなりましたが一応そのための記事なので私なりのレビューを書いていこうと思います。この三脚は重量二キロ(雲台抜き)。最大耐荷重メーカー公称値9キロ(店頭表記は8キロ)、足の太さは展開なしの状態で29、店頭お値段6万円弱となかなかのものです。

実は足だけ

 

実はこのMT055CXPRO3は足の部分の型番になります。つまり雲台は別売りというわけです。私が購入したのはカーボンモデルですがこれのアルミモデルには最初から雲台が付属しています。カーボンを選んだ私はアルミモデルに付属している雲台と同じものを別途購入した形になります。どうせならもっと良い雲台を購入すればよかったではないかと考えましたが購入時の予算と照らし合わせて選びました。購入した雲台はこちら。

6O2A5717

XPRO3ウェイ雲台 クイックプレート付きです。自由雲台と迷いまいたが個人的にこの3ウェイ雲台の取っ手が出ていてこそ三脚であるという、意味不明な拘りがあるのでこちらを選びました。タイプの違うビデオ雲台でカウンターバランス付きのを店頭で説明を受けましたが、私の撮影対象に野鳥がまだ含まれていない事とその雲台の重量、撮影地までの移動手段等考えた結果、今回は見送ることにしました。

別角度から6O2A5730

 

6O2A5759 雲台だけ別メーカーのものにしてもよかったのですが、足と揃っている方がすっきりしていてカッコいいかなと思い同じマンフロットの中から選択しました。マンフロットのロゴがカッコいいですね!!6O2A5748カーボンでできているので当たり前ですが、表面模様としてカーボン素材が美しいですね。この表面の模様もカーボンを選んだ理由の一つでもあります。

 

段数は三段を選択

 

6O2A5765 6O2A5767 四段タイプと三段のタイプと二種類に分かれていましたが、コンパクトさよりも剛性の高さを優先して三段を選びました。それに四段だと足をフル展開するときにその分作業が増えるだろうと思ったのも理由です。

収納バッグ6O2A5699

純正の物を購入しました。同じくマンフロットのロゴがカッコいいです。この収納バッグも何種類かのサイズ展開があり、店員さんに頼んで実際に見本を入れてもらってしっくりくるタイプのものを選びました。

最後に6O2A5737

 

今回の様に「重めのレンズ買ったし気が向いたから三脚も買うか」などと安易にホイホイ買っていいお値段でもないですが、その値段に見合う価値は十二分にあると私は思います。カーボンであることや耐荷重、メーカーのネームバリュー、重量などどれも納得のいくものだと思います。それに乗せる機材が定価50万相当のものなのに三脚をケチって安いものを選択するというのもなんだか違う感じがしますし、そもそもしっかりした物でないと安心して機材は預けたくないと思います。さらにある程度の値段ならそれもそれで「ガチ」となるでしょう(笑)。私のモットーは趣味ならガチで楽しもうです。自転車にしろカメラ関係にしろ、趣味でやるならガチでやりたい。そんな思いで今回の三脚も予算を5万円以上からにしました。5万円以下ではなく5万円以上です。ちなみに最初にこの三脚を選んだ理由の中に予算が云々とありましたが、実際のところ予算の上限は決めていきませんでした。さすがに予算青天井などとは言えませんが初めから予算の上限を決めてしまうとそれに見合った買い物しかできなくなりますし、選択の幅も狭まると思うのです。自分の趣味に遠慮はいらない、買い物をしたうえで生活に影響が出ないのなら迷う必要はない。それが私の流儀です。なんてカッコいいこと言いながら若干生活に響いたのは内緒です(笑)。もともとたいそうな生活をしていたわけではないのでそこそこ大きな買い物をしてもイケてしまうのですよね。その分貯金はたまりませんが・・・(笑)。

 

そんな訳で今回は以上です。

百里基地に戦闘機を撮りに行ってきた

先日休みの日を使って航空自衛隊の基地、百里基地に戦闘機を撮りに行ってきました。

6O2A4151

この百里基地は茨木空港と滑走路を共有しており、撮影スポットも結構たくさんあるのでなかなか楽しめる場所だと思いました。ただ・・・茨木空港の最寄り駅はシャトルバスで三十分かけていくところにあるのでアクセスがいいとは言えませんね。もっともそういうところでないと戦闘機は飛ばせないのかもしれませんが。それに空港の真横の臨時駐車場やその付近の小高い丘になっていて展望台のようなところからはそこそこ取れますが、北門や西門、アラートハンガー前などはとても脚立や機材を背負って歩いていくには少し無理のある場所だと感じました。幸い私が臨時駐車場から北門へ移動しようとした際にいつも来ているとおっしゃっている近隣の方が同じく北門へ行くということで車に乗せて行っていただけました。感謝の限りです。車でも10分そこそこかかった道のりですから、徒歩で機材を担いでいったら一体何分かかっていたのやら・・・その間に何本もの離陸を見送ることになります。都内から茨木空港まで行くには始発で出ても8時半くらいにようやく空港前に着く程度です。そこからスポットへ移動して機材をセットして小休憩する時間も合わせるとプラスで一時間。8時半についた時点ですでに何機か飛び立つところでしたので、再度撮りに行くときは前日から空港に寝泊まりでもしない限り朝一のフライトには間に合いません。茨木空港が羽田の様に24時間空いているとは思えませんが・・・。

さて、そんな話はさておき苦労して?行ったかいあってかなかなか面白い経験ができたので何枚かを例に記事にしていきたいと思います。

6O2A3883

いきなりですがファントムが三機並んで離陸準備に取り掛かっているところを一枚。このあと順次轟音を立てて無事に離陸していきました。前日までに当日の天気と風向きを計算して撮るなら北門方面よりもアラートハンガー方面からの方が近い絵が撮れるだろうと踏んでまずは空港の臨時駐車場横の展望台から撮ってきました。

6O2A38886O2A38976O2A3909トリミングだらけですいません(笑)さすが天下のナナニッパだけあってトリミングしても写真のディティールが丸くずれという事態にはなりませんね。むしろパソコンの画面いっぱいに写してもそこまで気にならないレベルです。さすがです。しかしトリミングなしでこの画質で行けたらなぁ・・・などと考えが頭の中をよぎり始めたので危険です。もう一本・・・白いの購入するか?例えば100‐400Ⅱ型とか・・・?150-600シグマに流れて距離を稼ぐか・・・?ヤバイヤバイ!!貯金もないうちから何をぽこぽこ買うつもりなのだ私は・・・さすがに生活が懸かっていると自制心が働きますね。(働き切らなかったので三脚を購入しているのですがそれはまた別記事で)

結局この日に離陸をまともに撮れたのは空港横の簡易展望台もしくはその前の臨時駐車場からのみでした。車に乗せてくださった方にはなんだか申し訳ありませんが北門よりの写真は・・・

6O2A4343

6O2A4225

こんな感じの着陸機を撮れただけ・・・。当日が金曜日で曇だったこともあり、致し方ありません。結局小一時間で元の場所に戻って何枚か撮りました。

6O2A4176

6O2A4204

離陸して彼方に消えゆくファントム

6O2A4102

離陸準備に入るウッドランド迷彩のファントム

6O2A4083

6O2A4079

珍しく海上迷彩のファントムも動いていました。

6O2A4041

午後は風向きが変わって同じ場所から着陸機を狙うことに成功ブルーインパルスでお馴染みのT4です。

 

短いながら今回は以上です。

空母が入港しているので厚木ベースに戦闘機を撮りに行ってきた

つい先日、米空母が横須賀に入港したので待ってましたとばかりに仕事休みの日にホーネットを撮りに行ってきました。

6O2A5278

6O2A5270

6O2A5266 実は記事にしていないだけでこの少し前には茨木空港に併設している百里航空自衛隊基地にF4ファントムを撮りに行っています。しかし私の好みの問題で米軍機の件を先に記事にしちゃいました。わかる人にはすぐわかると思いますがいくら神レンズと名高いEF70-200mm F2.8L IS II USM でもこの撮影方向でこの大きさは得られません。ではどういうことかというと・・・ざっくりトリミングしてしましました。(笑)トリミングしてもこれだけの解像度を誇っているのですからやはり手に入れてよかったなと改めて感じます。自衛隊機用のハンガーが後方に移っているということは、つまりは撮影ポイントは大和ゆとりの森公園です。ネットで調べればすぐに出てくる定番スポットであり、飛んでくればそれだけ機体も大きく移せます。それに基地内部も見渡せて大変いい拠点ですね。えぇ・・・拠点です、私にしてみれば。

6O2A4625 ちなみに試し撮りということで露出をミスった一枚をあえて載せておきます。先述の大和ゆとりの森公園から撮れる絵はだいたいこんな感じで腹しか映りません。そりゃぁ頭の真上を飛んでいきますから35mm換算で200mmもあれば全然大きくは切り撮れるのですが幾分腹しか映らないのでは面白くありませんね。兵装はそれはそれでカッコいいのですが。

6O2A5261 離陸準備に入り、あとは離陸するだけ!の状態のホーネット。やはり200mmでは小さい。ナナニッパを購入したばかりだというのにシグマ150-600の購入に意識が浮き始める私。(汗)6O2A4925 ということで戦闘機の腹しか映らないというのは少々アレなので、どうせなら横から撮りたいと場所を移動してサイドから狙ってみました。綾瀬スポーツ公園の信号を渡って基地方面にほんの少し歩いたところからです。フェンスはありますが脚立持参なので何も怖くありません。そうです。前回の横田基地の件で学習して伸縮式の脚立を新調しておいたのです。伸縮式は重いですが、電車移動の私にはそのコンパクトさが必要不可欠でした。購入したのはこちら。

www.amazon.co.jp6O2A4867離陸シーンもバッチリ!!ベイパーも写っております。

6O2A4762 さらに違う小隊のも。だいたい離陸は二機ずつ感覚をあけて四機編成で飛んでいったように感じました。神レンズの画質を利用して・・・

6O2A4766

6O2A4765

6O2A4734

6O2A5158

6O2A4762 トリミングし放題です。(笑)

まとめ

 やはり戦闘機の撮影は面白いですね。747がなき今(国内線では)民間機ではみんな同じような機体ばかりで飽き飽きしてしまいます。それに軍用機というのは同じ機体でも見慣れていないせいもあってかその機動性など民間機では見られないものがあり、飽きさせません。この日は隊長機(色付き)には巡り合えませんでしたがまた次回挑んでみたいと思います。厚木ベースに展開する戦闘機も移転が決まりつつありますし、今のうちに撮れるだけ撮っておきたいですね。まぁ移転したらしたで別に、移転先まで撮りに行けばいいだけの話なのですが・・・(笑)。さすがにそうそう仕事の休みもあるわけではないので。都内から手軽に行ける範囲に展開中は撮りまくりに行きたいと思います。移転までにはシグマ150-600を手に入れたいですが・・・。そう簡単にはいかないものですよねぇ・・・25万の純正ナナニッパ買っといて何言ってんだよって感じではあるのですが。他にも自転車だの何だのと買っているのでしばらくは控えようと思います。ちなみにこの日出撃に行く前にマンフロットの三脚も購入しておりまして、その件はまた別途記事にしていきたいと思います。

 

以上です。

 

 

米軍機撮影に挑む!

先日キヤノンの銘玉、EF70-200mm F2.8L IS II USMを購入してから何か写真を撮りに行くときはこのレンズしか使っていない自分に驚きます。すると自然に風景は遠景に、被写体は遠くのものになっていきます。去年、まだ私が愛知県民だったころ、米軍基地横田に友好祭で訪れたことがあります。其れを思い出してせっかく素晴らしい望遠レンズを持っているのだからそれを生かした被写体を撮ろうということで、大田区よりはるばる電車に揺られて福生まで一時間半行ってきました。

6O2A2387実は行きに降りた駅は福生でも牛浜でもなく拝島駅でした。横田飛行場は真上から見て縦長の構図になっていますのでちょうど左下の方から基地外周をフェンスに沿ってぐるっと歩いて一周してみたかったのです。これがのちに軽い熱射病を引き起こす原因になるとその時の私は思いもしませんでした・・・。

6O2A2258

s早速ですがとある有名ポイントから撮ってみました。この日は米軍機といっても輸送機であるC-130しか飛んでおらず、オスプレイは勿論戦闘機もなしでした・・・。しかも基地外周から撮るのが初めてのため、最初はまともな写真など撮れようもなく無駄にシャッター切っているだけでした。(汗)

6O2A2291

なんとかそれぽい写真を撮ろうともがいていますが脚立も何もない私には到底フェンスという壁は避けられず・・・

6O2A2294どうしてもフェンスの一部が映り込んでしまいます。しかも、プロペラ機ということもその時は頭になく、雲一つない晴天のなか高速シャッターでキリまくっていました。次からは回転での迫力を出すために低速で狙ってみようと思います。脚立も調達したことですし。やはりまともな写真をはじめから狙うには腕も頭も足りなさ過ぎましたね。

6O2A2339

しかしやはりなんといっても真上を飛んでいく輸送機というのは迫力がありますね!!これがヘラクレス等の普通の輸送機ではなく、ギャラクシークラスの大型クラスなら一体どうなるのでしょうか。一度でいいので狙ってみたいですね。

しかし、基地を歩いて一周するというのはなかなか容易なことではありませんでした。それも三キロの機材を背負って・・・距離にして15キロ、炎天下の中歩き回った私は肩こりと強い日差しによって頭痛がし始めます。財布の中にロキソニン常備しといて正解でしたね。ところどころにある自販機でポカリを買いつつ練り歩きます。実はネットで前もって機体が取れそうな位置は把握してありましたが、それ以外にもどこかないかと探すのが基地一周の目的でした。しかしそういう新たなポイントもそうそうなく・・・疲れただけでした・・・(笑)

6O2A2389

6O2A2412

ただ、途中で咲いていた花やヒマワリに巡り合えたので何となく疲れが取れてしまうところはやはり私は根っからの写真好きなんだなと実感しました。

6O2A2319

旋回中のヘラクレスをそのまま背後から狙いました。普通軍用機などの小さな機体を遠距離から狙うときは後でトリミングする人がおおいでしょうが私はあまりやりません。

6O2A2416

場所を変えて16号線沿いの方へ。こちらのスポットも機体撮影には有名のようです。R18側から侵入してくる機体を狙うのにいいポイントです。

6O2A2442

6O2A2560

6O2A2564

なかなか面白い絵が撮れますね。

6O2A2550

6O2A2577

さすがにデカいです。近いです(笑)。

6O2A2602

さらに場所を変えてドン・キホーテから基地内を狙います。形状からしてグローブマスターでしょうか?(C-17三型)それからもう一点。最後になかなかレアなの載せておしまいにしようと思います。

6O2A2619 (2)

駐機しているヘラクレスの手前に米軍の無人機、グローバルホークです。プレデターはさすがにいませんでしたね・・・(笑)。こちらはトリミング済みです。さすがに無人機相手にドンキから狙ったのでは小さすぎますからね。

 

以上です。