読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

デュークミヤモトの日記

所有する機材や撮影した写真などについて

江の島を歩く その1

鎌倉周辺を回る

IMG_1832なんか見たことある構図だな?と思った人はひょっとして同士です。(笑)あのゲーム、面白いですよね~

江の島には何時ぞやの東京方面からの帰りに行きました。一度は訪れて見たかった場所です。アニメやドラマ、ゲーム等色々な作品で舞台として登場していて有名ですね。

前日の夜に東京を出発して川崎経由でまずは藤沢駅に到着。藤沢駅付近のカプセルで一泊して翌日行動開始です。藤沢駅に着いたらまずは江ノ電一日券を購入して江ノ電に乗車!!終始点の鎌倉駅まで行きました。西口です。

IMG_1788

IMG_1775鎌倉駅西口を出て右側にちょっとした広場があり時計塔が立っています。アニメ、TARI TARIの舞台に登場します。そうです、鎌倉や江の島はアニメTARI TARIの聖地でもあります。私の中では結構上位ランキングの名作アニメですので興味のある人は一度見てみてください。お勧めです。劇中で登場する高校は鎌倉高校をそのまんまモデルにしていたかと思います。

 

さて、話を戻して西側から東口へ地下通路を通っていきます。

IMG_1778連絡通路を出ると・・・?

IMG_1780これぞ鎌倉駅!(笑)東口は結構大きな外観です。観光客もたくさんいて団体さんや、地元の方など人が大勢いました。東京駅もそうですがその場所特有の駅舎って私なかなか好きなんですよね。一見の価値ありです。

IMG_1781 そして小町通り

IMG_1787朝早いのでどの店もまだシャッターしまってますwこれも某PCゲームの舞台なんで来てみました。というか普通に観光地なのですが、本当に人はほとんどいませんでした。店が開く前からくる観光客は私しかいないのでしょう・・・次はお店が開いている時間に行ってみようと思います。

そして再び江ノ電に乗り、鎌倉高校駅前で下車。

IMG_1813江の島周辺で有名処と言えばやはりここ、鎌倉高校駅前です。学校の名前が駅名になっているってなんかすごいですよね!ここはたくさんの作品の舞台になっておりこの景色を見ればたいていの人は「あっ!見覚えがある!」となるのではないでしょうか。ちゃんと「ここからの眺めがちょうどいいです」と看板が立っていますが、やはり住宅街なのと学校の付近ということで長時間の撮影は遠慮しましょう。

またまた江ノ電に乗車、とはいかずに距離もそこまで離れていないので徒歩で江の島の本土?を目指します。

IMG_1818

IMG_1826浜に降りて撮影。だんだん距離が縮まってきました。江の島周辺はサーファーが多いです。自転車にボード積んで走っている人や、徒歩でボード抱えて歩く人、ウエットスーツのまま歩いてる人、様々です。こういった場所ならではですよね。街中でそんな格好で歩いていればアレですから、海が近くにある場所は面白いです。

IMG_1827IMG_1828IMG_1830ようやく弁天橋まで着きました。ゆっくり歩いたので30分ぐらいかかりました。思えばどうせ鎌倉駅に戻ってくるのだから鎌倉駅にキャリーケース預けておけばよかったです。さすがに、浜辺やガタガタの歩道をゴロゴロ引いて歩くのはちょっとキツかったです(笑)

IMG_1836橋の中央あたりまで来てもう一枚。あと少しで江の島に上陸です!

IMG_1839IMG_1842ついにきました江の島本土。長かった・・・すぐさまコインロッカーに荷物を預けてアイスでも買って山の方へ、と思っていた私が甘かったです。江の島のコインロッカーはホテルに併設しておりそのホテルが朝開館しないとコインロッカーは使えません。9時くらいまで待ってからようやく荷物を預け、階段を上ってきます。30分ゴロゴロ引いて歩いてきた身としては小休憩があったのはちょうどよかったのかもしれません。

IMG_1855IMG_1860坂の途中で猫がいました。江の島は猫が大勢います。私を含め、多くの観光客からカメラを向けられていました。やはりこういった観光地にいる猫は慣れているのか堂々としています。誰が何人写真を撮ろうがお構いなしで、完全に自分のペースに入っています。IMG_1858目線、頂いちゃいました///(笑)私は猫を撮るときは基本的にローアングルで撮ります。上から見下ろして撮るのもアリですが、猫と同じ目線でというのが好きなんです。

IMG_1862まずは江の島神社に参拝を。鳥居のしたまで行っただけですけども・・・

そしてさらに上を目指します。

IMG_1866

IMG_1870昇っている途中何回か視界が開けるところがあります。高度がそこまで高くない場所では木々が邪魔をしたりとなかなか全景をおさめることはできません。そして、標高が低い所だと、そこまで景色が良くないですw申し訳程度と言いうか、まさに「ちょっとした」って感じがしました。このポイントは。

IMG_1869高いところに来ると中々景色が良くなってきます。そしてだんだん疲れてきます。

IMG_1871頂上付近になると藤沢市が一望できます。広角側で撮ったので街が米粒のようになっています(笑)一応、空と海を大きく切ってダイナミックに写したつもりなんです。雲の形がなかなかそれっぽいと思います。

IMG_1873

IMG_1874

段々とシーキャンドルが見えてきました。ここら辺まで来るともう山の頂上付近です。ただ、どこからでも外の景色が見えるわけではなく、展望台から海や町を望むことができます。

IMG_1875 名前は分かりませんが、神社っぽいのがここにもあります。なんだか有名らしいです。

IMG_1879 寝顔頂きました!!

めちゃくちゃかわいいです。この子の写真を撮っている人は大勢いましたが、やはり堂々と寝ておられます(笑)街中の野良猫だと逃げられてしまうことが多いのですが、こういう観光地では人に慣れきっているのか、近くまで寄って撮ることができますね。

g-fhoto-industry.hatenablog.com

こちらの記事にも猫の写真を載せてあります。

IMG_1884

IMG_1883

IMG_1882稚児が淵という所らしいです。夕日がきれいにでる日は絶景なんだとか。釣りスポットとしても人気のようです。私は、とりあえず岩の間を流れる波を撮ってきました・・・IMG_1890

IMG_1889水面が穏やかな場所ではこんなのも撮れます。釣り人が多いです。待ち人はいません(笑)

IMG_1892江の島に来た時には時間があれば一度見に来てみるのをお勧めします。本当にきれいでなんだか日常では味わえない江の島独特な雰囲気を感じられます。ただ、この場所は海が荒れていたり水かさが多いと閉鎖になるようで、来るなら天気のいい日を狙ってきたほうがよさそうです。

IMG_1903 岩屋洞窟です。中は涼しく、外の熱気が嘘のように感じられました。暗いうえに狭いので注意していないと頭を天井にぶつけてしまいます。私はぶつけました・・・奥まで行くと富士山につながっているといわれている穴の入り口っぽいところがあります。ちなみに、中は洞窟なのでじめじめと湿っていて壁にもたれたら服が少し濡れました(笑)時々天井から水がポツポツ来たりします。

 

 

その2へ続く・・・